SST

先輩から一言  


設計技術部 男性
金型図面(2D)

入社して最初に「CADは鉛筆と一緒や」と、言われ初めは何の事かわかりませでしたが、今ではその意味がわかります。  現場を助けることができる図面を描くには設計者一人一人の技術を磨くしかありません。設計で行き詰まる時は製造現場の職人に相談しアドバイスを受け設計を進めるのですが、 職人のアイデアの多さに感動します。 私たちは、自分では経験できない技術やアイデアを職人から継承し、設計段階からできるだけ多くの問題を回避しスムーズに製作できる図面を描ける技術者になりたいと思います。



設計技術部 男性
CATIA

私がSSTに入社した当時、金型設計は2DCADのみで行っていました。そのため「二次元の内容を読み取って、三次元でモノを考え、 結果を二次元で表現する」ことを重点的に学びました。 最初は先輩達が図面を見てどんどん話を進めていくのが手品のように見えました。 自分の伝えたいことを線種や線幅の違いで表現することは難しいのですが、伝わった時の面白さを感じました。 その後、 SSTにCATIAが導入され3DCADでの金型設計に取り組むこととなりました。形状が画面上に三次元で表示されるので、 今までの内容読取、二次元での表現等の苦労はなくなりました。 ただ、3DCADも万能ではないということもわかりました。 結局3DCADで立体を描くためには二次元上で図形を描く必要があります。また、構造についても「見える」というだけで自動的にCADが考えてくれるわけではありません。 最終的に二次元の表現力が必要とされる場面が多いのです。また、最初から最後まで人間が考え、描き上げていく。コピー,ペースト、 構造の干渉などをチェックするときにCADの力を借りる。このことは『たとえ二次元だろうが三次元だろうが変わらない。』ということもわかりました。



設計技術部 男性
Speedy

実際に金型を作っている現場では、まだまだ紙の図面が多く、2Dでの設計の需要も少なくありません。また、設計という仕事の性質上、 「創造力」が求められるのは当然として、更に「想像力」というものも求められます。金型の構造等、私などはまだ実際に図面を描きながらまとめていく事が多いのですが、 ベテランになると頭にイメージした構造を図面として表現していくそうです。 特に2D設計の場合、出来上がったものがどう動くのか、 また現場で金型を作る際に、部品の組み付けが実際出来るかどうかなど様々な事を頭の中でイメージ検討し設計します。 設計をする際の構造的な決まり事、強度的な問題など理詰めで検討していく部分と、想像力を使って検討していく部分。この2つのバランスがとても面白い仕事だと思います。



設計技術部 男性
イベント

今の職場に移って8ヶ月になります。以前も設計の仕事をしていましたが職種の違う設計をしていましたのでまだ、自動車部品の金型設計に馴れず四苦八苦しています。 設計は決してかっこいい仕事ではありませんが楽しさを見つけることが出来れば遣り甲斐のある仕事だと思っています。 坂本設計では他の設計会社ではあまりやっていない現場見学をし、それにより図面では分かりにくい所が現物として見る事が出来、 現場の人と意見交換が出来る場を設けています。最近はFM加工機の導入により発泡の三次元モデルでの形状把握を設計に活かしています。 職場の雰囲気は新人でもすぐ職場に馴れる様にみんなが声を掛けてくれたり、花見やクリスマスパーティ等の楽しいイベントがありますので輪の中に溶け込みやすいと思います。



設計技術部 男性
発泡加工機

私は高専の機械工学科出身で、就職するなら機械関係の仕事を考えていました。中でも設計をやってみたいと思っていたので坂本設計に来ました。 設計といっても色々な設計がありますが、最初に求人票で「金型設計」という文字を見た時、学校ではあまり金型のことについて学ぶ事が無かったので、 どんなことをしているのか全くわからず、どういう仕事をしているのかすごい興味が湧きました。そこで、一度見学に行かせていただき、 説明を聞いているうちに「この仕事をやってみたい!」と思い、今に至ります。 入社して1年と1ヵ月になりましたが設計だけでなく、NCもやっています。 NCでは発泡を削ることがあり、自分で作成したデータで実際に削ります。できたときの達成感はホントに嬉しいです。 設計とNCそのほかにも覚えることがまだまだ多いですが、その分出来るようになっていくことも多いので遣り甲斐があり、楽しいです。



NC技術部 女性
NC

NC技術部では、3次元データを扱います。 パソコンの画面の中に浮いているモデルを、あちらこちらから見ながら、作業を進めていきます。それは緻密な操作が必要で、決して漠然としたプロセスではありません。しかし、そのためには、意外にも人間的なセンスが重要になってきます。マシニングセンタもパソコンも、動作の指令を送るまでの準備は、目視で確認したり使用環境を想定したりするなど、 機械だけに頼らず、人間が行うからです。 データは、時には、作った人の意図や個性が感じられることがあります。また、そのつくり方から、考えさせられたり学んだりすることもたくさんあります。そうした研鑚を積んで、一様でない請け負ったそれぞれのデータにおいて、適切に処理していかなければなりません。 正確で安全なデータ、質の良いわかりやすいデータを基本に、 お客様に喜んでいただけるものを納品できれば、それが自分の満足や達成感につながります。造形用、加工用、いずれにしても、データというイメージの上でのものづくりです。

 
 株式会社 坂本設計技術開発研究所
 大阪府枚方市津田山手サイエンスヒルズ2丁目20−1 TEL:072-897-5311 FAX:072-897-5313
Copyright © 2006 SAKAMOTO SEKKEI Technical Development Lab. All Rights Reserved.