SST

当社社屋ご紹介

●当社の立地する津田サイエンスヒルズについて

京都・大阪・奈良の三府県にまたがる緑豊かな京阪奈丘陵において、建設・整備が進められているサイエンスパーク「関西文化学術研究都市(愛称けいはんな)」。東の「筑波研究学園都市(つくば)」とともに国家的プロジェクトと位置づけられています。

「文化の創造と交流」「新しい学術研究の推進」「21世紀のパイロット・モデル都市の建設」を理念として整備が進められています。

関西文化学術研究都市は、12の文化学術研究地区から成り立っていまが、そのひとつが「津田サイエンスヒルズ」です.。当社は、2005年7月に、津田サイエンスヒルズに移転いたしました。

同地区の企業は、研究・開発機能をあわせ持ち、高度な技術で「モノづくり」を行うにとどまらず、あらゆる産業分野に最新技術を送り出し、社会貢献につながっているケースもあります。また展望の良いレストランなどがある一角や公園も整備され、市民が訪れても楽しめるエリアになっています。

●当社の植栽計画について

当社社屋は、敷地面積/約2,800m2、延床面積/950m2の3階建て、20台を収容できる駐車場があり、その総敷地面積の75%を緑化しています。その内容も従来の園芸用植木に加えて、自然の里山に自生してきた、ブナ、ニレ、クヌギ・・・といった、いわゆる雑木を選定しています。植栽によって、人間の見た目を楽しませる、と言うだけでなく、いずれは当社の敷地が、小動物、植栽鳥や虫たちが集うような雑木林になれば・・・と考え、20年後、30年後、100年後の周辺環境をイメージした植栽計画を立てました。当社の敷地面積など小さなものかもしれませんが、微力ながら、地球環境の保持に貢献したい・・・という意識を持っています。

●当社の社屋について

近年、深刻な電力不足が懸念されています。節電対策は,大きな社会問題と言えるでしょう。社屋を設計する際、当社は、コンピューターを使用するという仕事の性質上、電力消費が大きいことが予想されました。

そこで,少しでも電力消費を抑えるために、窓を通常オフィスで考えられるより大きく取りました。暗くなりがちな階段、廊下にも大きな窓を設けました。それにより、人工照明に頼らない快適なオフィスが誕生しました。夏場は窓を開き放てば、高台の風が流れてきます。これにより、冷房用の電力も抑えることが出来ました。

office

2006年6月、植栽計画や当社の社屋に対する理念に対して、北大阪商工会議所と日刊工業新聞より、環境改善表彰を受けました。

 
 株式会社 坂本設計技術開発研究所
 大阪府枚方市津田山手サイエンスヒルズ2丁目20−1 TEL:072-897-5311 FAX:072-897-5313
 
Copyright © 2006 SAKAMOTO SEKKEI Technical Development Lab. All Rights Reserved.